VETIVER [ベチバー]

科名:イネ科
和名:カスカスガヤ
香りの種類:ベースノート
香りのイメージ:甘く濃厚でスモーキーな香り
香りの効能:強壮作用、抗感染作用、鎮静作用、免疫刺激作用 など

心を落ち着ける「静寂の精油」ともいわれているベチバー。
スモーキーさに少し甘さが加わった重厚な香りは、好き嫌いのわかれる独特な香りともいわれています。
インドのタミール語で「掘り起こした根」を意味するベチバーは、インドなどの熱帯地域に生息する多年草で、草丈は2mほどになります。
ススキとよく似た細長い葉とスポンジ状の根をもち、精油は根茎からとれます。
インドでは何世紀も前からアーユルヴェーダの薬草として使い継がれてきたハーブです。
防虫効果もあることから、すだれやマットにベチバーの根が織り込まれていて、それに水をかけて香りを漂わせることで日中の暑さを防ぎ、虫除けとしても利用されてきました。
またお釈迦様の薬箱に入っているハーブと経典に記されており、お浄めやお祓いなどに使われてきた歴史もあります。

ベチバーの主な芳香成分は、ベチベロール・ベチボン・ベチベロンで、落ち着かない心を沈静化する効果があります。
ベチバーが「静寂の精油」といわれるのは、これらの成分によるものです。
オリエンタルで大地を感じさせる香りは、ストレスを和らげ緊張をほぐして深くリラックスさせる作用や、情緒不安・神経症・不眠症の改善にも役立ちます。免疫力を高める作用もあるので、免疫機能が低下していると感じるときは、芳香浴や植物油(キャリアオイル)30mlに対し1滴を入れてマッサージオイルを作るのもおススメです。
また体の熱を下げて、滋養を与えてくれるので、関節炎・リウマチ・湿疹などの炎症に用いることができます。内分泌系の不調にも作用し、月経前症候群(PMS)・更年期障害・胃腸の不調にも効果的です。
保湿作用や抗炎症作用のあるベチバーは、ニキビやかゆみ・肌荒れなどの緩和にも有効です。
ベチバーのエッセンシャルオイルを0.5%以下に乳化剤希釈し精製水と混ぜて、スキンケアローションを作るのもおすすめです。乾燥した肌に潤いを取り戻してくれるでしょう。

深く、土のような個性的な香りが持ち味のベチバー。
インセンス素材としては欠かせない精油のひとつですが、少し癖があると感じる場合は、他の精油とブレンドすると主張しすぎず、深み・重厚感・落ち着きといった要素をプラスしてくれます。
ラベンダー・フランキンセンスなどのフローラル系やイランイラン・パチョリなどのオリエンタル系と相性がいいといわれています。
またベチバーは、時間の経過に伴い香りがよくなっていくという珍しい性質があります。
少し苦手と感じる場合は、しばらく寝かせておくと馴染みやすい香りになっていく可能性があります。

使用上の注意点は、イネ科の植物なのでイネにアレルギーのある方はご注意ください。
また香りが強いので入れ過ぎに気を付けてください。
肌の弱い方はパッチテストを行ってからの使用がおすすめです。
まずは低濃度から使用しましょう。
妊娠中・授乳中の方・小さなお子さまへの使用は避けましょう。
ベチバーの精油は粘度が高く、瓶を逆さにしても一滴ずつ落としにくいです。
瓶を振るなどすると精油が飛び散ってしまうので、瓶を逆さにして一滴が落ちるまでゆっくり待って使用しましょう。

OTHER JOURNALSその他の記事

CHAMOMILE GERMAN [カモマイル・ジャーマン]

HERB

CHAMOMILE GERMAN [カモマイル・ジャーマン]

PEPPERMINT [ペパーミント]

HERB

PEPPERMINT [ペパーミント]

CLOVEBRIEFS [クローブリーフ]

HERB

CLOVEBRIEFS [クローブリーフ]

父の日に今だから伝えたい感謝の想い

LIFESTYLE

父の日に今だから伝えたい感謝の想い