TURMERIC [ターメリック]

科名:ショウガ科
和名:ウコン
香りの種類:ミドルノート
香りのイメージ:温かく・フレッシュでありながら大地を感じさせる土の様なスパイシーな香り
香りの効能:心や体をコントロールする・抗酸化作用

ターメリックは、インド原産のショウガ科ウコン属の多年草で、亜熱帯の高温多湿な地域にかけて広く自生しており、現在世界中に50種類ほど見つかっています。
古くからインドや中国で薬や香辛料として利用され、鮮やかな黄色をしているので染料としても利用されてきました。
インドの伝統医学であるアーユルヴェーダや平安時代に編纂された「元草和名」でも紹介されています。
室町時代の沖縄で、当時としては大変貴重な植物であったため、琉球王府の大切な財源として珍重されていました。
現在ではカレーやたくあんの色付けとしても定番です。

日本ではウコンといわれていて、二日酔いの予防効果があります。
一般的には春ウコン・秋ウコン・紫ウコンの3種類がありますが、通常ターメリックは秋ウコンをさしています。
秋ウコンは初夏から秋にかけて白い花を咲かせます。
日本では沖縄で広く栽培されており、根茎の断面がオレンジ色をしているのが特徴です。
沖縄では鬱金(ウッチン)の愛称として親しまれています。

ターメリックに含まれる有効成分の中で、もっとも注目すべきなのが「クルミン」といわれるポリフェノールの一種です。
このクルミンは、強い抗酸化性と抗炎症性をもっています。
これらには、シワやシミ防止効果・消化不良の改善・肝機能の強化が期待されるため、美容や健康に効果的といわれています。

ターメリックといえば真っ先にカレーを思い浮かべるかもしれませんが、それ以外にも活用できる料理はたくさんあります。
ターメリックパウダーをそのまま舐めると、少し苦味のある漢方のような味ですが、これは加熱することでマイルドになります。辛味は一切ありません。
綺麗な黄色に色付けされるので、スープに一振り入れるだけで見た目も美しく味に厚みがでます。
またゴールデンミルクを作るのもおすすめです。
ターメリックパウダーに、ジンジャーパウダーやカルダモンパウダーを加えて、温めた牛乳や豆乳と混ぜ、はちみつなどで甘みをつければでき上がりです。
ブラックペッパーとの相性がいいので、お好みで加えるのもおすすめです。
朝や就寝前に一杯飲むだけで代謝を上げて冷えを改善してくれるので季節の変わり目などに飲むといいでしょう。

スパイスとして調理に使う場合は、肉・魚・野菜のソテーに加えると風味が増します。
パエリヤには色付けにサフランが欠かせませんが、ターメリックで代用ができ、またバターライスにターメリックを加えると綺麗な黄色に染まり、カレーとも相性抜群です。
サフランよりも安価なのでおすすめです。

ターメリックの精油は、強力なリラックス作用と自律神経のバランスをとる作用があります。
肝臓の浄化や皮膚への作用も期待されており、アンチエイジングにもおすすめです。
ただし、ターメリックの精油は皮膚刺激もあるため、高濃度で使用することは避け敏感肌の方は必ず1%以下に希釈して使用してください。
授乳中の方・妊娠中の方・小さなお子様は使用を避けましょう。

ターメリックは、インドや沖縄では古くから利用され副作用の少ない安全な食品とされてきましたが、大量に摂取することによる健康被害も報告されているので用法用量を守り摂取してください。
胃潰瘍・胃酸過多・胆道閉鎖症の方や疾患のある方は、ターメリックに含まれている成分が刺激となる場合がある為、必ず医師に相談してから取り入れることをおすすめいたします。

OTHER JOURNALSその他の記事

佐藤絢子 (ファッション雑誌ブロガー)

PEOPLE

佐藤絢子 (ファッション雑誌ブロガー)

風邪・インフルエンザ対策

HERBHOW TO USE

風邪・インフルエンザ対策

春の香り 新玉ねぎご飯

HOW TO USE

春の香り 新玉ねぎご飯

きのこたっぷりトマトソース

HOW TO USE

きのこたっぷりトマトソース