梅雨の時期も好きになるアロマ時間

雨が降りジメジメしてくる梅雨時期。
そこに暑さも加わり憂鬱に感じてしまいがちですよね。
しかし、毎年訪れるこの季節。
せっかくなら、梅雨のジメジメした時期をアロマの香りで気持ちよく過ごしてみてはいかがでしょうか。

この時期だから心地よく感じる香りや、より強く感じる心地よい爽快感があります。
そして晴れの日に感じる香りと、雨の日に感じる香りの違いを楽しんでみてください。

ジメジメしていると心配なカビや細菌の発生を抑える効果も期待できるハーブも入っているので、湿気によるいろんな悩みにも働きかけてくれます。
今回は、nahrinスタッフが梅雨時期のお悩みにお答えします!

天気により気分が落ち込んでしまいそうな日も、案外そんなことないよって言ってくれるような背中を押してくれるアロマの香り。
ちょっとした幸せを感じる香りの時間をお楽しみいただければと思います。

文:スターティス 相

湿気でジメジメして気になる臭いやカビに!

空きスプレーボトルに、水とハーブオイル33+7 15ml or 50ml(原液タイプ)を5-6滴混ぜて掃除用スプレーを作ってみてください。
このお手製スプレーでシュッとして雑巾でサッと拭くだけ。
殺菌・抗菌に優れたハーブも多くブレンドされているため菌の繁殖を抑え、香りも爽やかな香りが空間に広がります。
例えば、食事前と後の机拭き、冷蔵庫の中の掃除、トイレの拭き掃除、窓の拭き掃除、ペットのトイレ周りの掃除、ドアノブの拭き掃除、下駄箱の掃除、鏡の拭き掃除、などなど。
雑菌の繁殖しやすい布巾の付け洗いもできます。(水に2-3滴アロマオイルをたらし布巾を30分ほどつけ置きし、きれいにすすげば終わり!)
1本あると万能に活躍するお手製スプレー。
また、お風呂掃除の後など、浴室に数プッシュするだけでもハーブの力で菌の繁殖予防に働きかけます。

雨に濡れた靴や暑さで蒸れた靴の匂い対策に!

匂いは殺菌の増殖も原因の一つ。
ハーブのパワーで菌の繁殖を抑え、爽やかな香りで消臭しましょう!
まず、アロマオイルが染みこみやすい紙類(キッチンペーパーやティッシュ、新聞紙やトイレットペーパーなど)を丸めたものにアロマオイルを3-4滴垂らし靴の中に入れます。
夜、靴の中に入れておくだけの簡単消臭アイテム。

湿気と暑さで体がベタベタ、だるい時に!

ハーブの力で体感温度を下げてみましょう!
また、スーッと鼻を通る爽やかな香りは嗅ぐだけでも脳が涼しいと感じることも。
爽やかな香りで心も身体も涼しくなりましょう!
『ハーブオイル33+7』の良いところは、直接お肌につけることができるという事。
皮膚につけた部分がヒンヤリとなり、肌に付けるだけで涼しく感じます。
また、直接お風呂に3-5滴入れるか、もしくはお塩に3-5滴たらしたものを浴槽にいれて入浴します。
お風呂から上がると全身がスーッとして体感温度を下がったのを実感します。
また、無香料のシャンプー&コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソープにハーブオイル33+7 15ml or 50ml(原液タイプ)を5-6滴入れて爽やかな手作りケアアイテムも作れるので是非お試しくださいませ。

その他にもアロマオイルの活用法はたくさんあります!

例えば、皆さん使われている方も多いと思いますが、ディフューザーに垂らして使うだけでも暑い時期は部屋の温度が涼しく感じます。
また、ストーンやコットン、市販されている衣装ケースなどに入れる木のブロックに2-3滴たらし、クローゼットに入れて防カビ防虫対策をしたりもおススメです。

また、まだまだマスクが手放せない今、繰り返し使用するマスクを使う方も多いと思います。
桶にお湯または水を張りアロマオイルを2-3滴たらしたものにマスクを30分ほど付け置きし、きれいにすすいで洗濯するのも爽やかな香りがほのかに香りマスク習慣も苦になりません。
今を楽しむアロマ生活を是非お楽しみくださいませ!

OTHER JOURNALSその他の記事

TOMOKO (癒しのマヤ暦セラピー/薬剤師)

PEOPLE

TOMOKO (癒しのマヤ暦セラピー/薬剤師)

ST. JOHN’S WORT [セントジョーンズワート]

HERB

ST. JOHN’S WORT [セントジョーンズワート]

MARJORAM [マジョラム]

HERB

MARJORAM [マジョラム]

FENNEL [フェンネル]

HERB

FENNEL [フェンネル]