THUJA [ツーヤ]

科名:ヒノキ科
香りの種類:ベース(ラスト)ノート
香りの効能:高揚感を与え、ネガティブな気分を洗い流す
香りのイメージ:あたたかくて少しスパイシーな香り・ほのかな甘さと爽やかな香り

近年、ハーブやアロマオイルに興味を持つ方も多いですが、「ツーヤ」という植物がどんな植物かご存じでしょうか?

ツーヤは、北アメリカからカナダにかけて広く分布している、ヒノキ科の針葉樹です。他の針葉樹に比べると背丈が低く枯れにくいこともあり、公園や庭園などの生垣として使われることもあります。 街中で、ふっと爽やかな香りに癒しを感じた経験はありませんか?それは、庭園に植えられたツーヤだったかもしれませんね。

Thuja(ツーヤ)はギリシャ語の「thyia(ある種の常緑樹)」が由来です。またラテン語では、「生命の木」という意味を持っています。日本名では、「ニオイヒバ」と呼ばれ、葉はレモンのような爽やかな香りが特徴です。

北米のネイティブアメリカンの間では、皮膚に寄生するウィルス対策や筋肉・関節痛の鎮痛や浄化を目的として古くから使われてきました。

モミやヒバと同じ針葉樹の仲間なのですが、他の針葉樹が爽やかな香りが強いものが多いのに対して、ツーヤは爽やかな中に甘い香りもします。人によってはレモンのような香り、パイナップルのような香りと表現する方もいます。

現在では、アロマのシングルオイルとして販売されています。アロマは、心や体に癒しを与えることが科学的にも証明されており、ツーヤも高い効能が期待されています。

ただし、ツーヤの精油はケトン体を含んでいるため使い方に注意が必要です。葉から生成されたエッセンシャルオイル(精油)・アロマオイルは、中枢神経に影響をもたらすため、妊婦や幼児などには使用を勧めない製品もあります。
どんなエッセンシャルオイルやアロマオイルでも同じですが、使い方を理解することが大切です。

ネガティブな気分を洗い流すような癒しの効果が期待できるツーヤ。森林浴をすると気分がよくなったり、やる気が出たりする感覚と似ています。ツーヤのエッセンシャルオイルは、自宅に居ながら森林浴をしているのと同じ感覚を味わうことが可能です。

不要不急の外出を避けることがマナーになった今。
自宅で過ごす時間が長くなり、外出ができないことでストレスが溜まりやすくなる方も多いのではないでしょうか?気分転換したい、リラックスしたい、癒されたいと思った時に、ツーヤの香りを利用して森林浴気分を味わうのも一つの方法です。

ほのかな甘さと爽やかな香りのツーヤで、ぜひネガティブな気分を洗い流してくださいね。

OTHER JOURNALSその他の記事

季節の変わり目のプチ不調をサンダルウッドで整える

HOW TO USE

季節の変わり目のプチ不調をサンダルウッドで整える

BUTCHER’S BLOOM [ブッチャーズブルーム]

HERB

BUTCHER’S BLOOM [ブッチャーズブルーム]

風邪・インフルエンザ対策

HERBHOW TO USE

風邪・インフルエンザ対策

SAVORY [サボリー]

HERB

SAVORY [サボリー]