ROSEWOOD [ローズウッド]

科名:クスノキ科
和名:紫檀(シタン)
香りの種類:ミドルノート
香りのイメージ:ウッディーな香りの中にほのかに甘さとスパイシーさがある
香りの効能:抗菌・抗真菌作用、皮膚組織再生作用、リラックス作用 など

バラによく似た香りを持つ精油「ローズウッド」。
ローズの名前が入っていますが、バラではなくクスノキ科の植物です。
バラのような香りがするため、ローズウッドという名の由来となったといわれています。
樹高は20〜30m、ブラジルを始め南米アマゾン地域に原生しています。
硬くて重たい材質でヤニが多く含まれているため、腐敗することなく長持ちするといった特徴があります。
そのため、仏壇や家具・楽器などに利用されてきました。
その香りのよさから大量伐採が相次ぎ、絶滅が危惧されるところまで数が減少してしまった歴史もあります。
現在はワシントン条約の対象になり植林が進んでいます。
精油を採るのは直径20cmくらいのもので、生育するのに約20年かかるため大変貴重な精油でもあります。

ローズウッドの芳香成分は「リナロール」です。
この甘く優しい香りには心を落ち着かせてメンタルバランスを整えてくれる働きがあるといわれています。
長いお家時間には、リビングや寝室での芳香浴がおすすめです。
柔らかさを与えてくれる香りに包まれるだけで、日々のストレスや疲れを癒してくれるはずです。
気を使いすぎたり、精神的に疲れてしまっているとき、ローズウッドは強力な癒しを与えてくれるといわれています。
またローズウッドの香木を焚くとお部屋の浄化にもなります。

ローズウッドの精油には、皮膚の細胞を活性化させ、シミやシワの対策が期待できる作用があります。
抗菌効果や抗炎症作用もあり、ニキビや吹き出物・湿疹の手当にも活用できるので、日頃の皮膚のお手入れにオススメのアロマともいえます。
また妊娠線の防止にも有効といわれています。
ボディクリームに混ぜておくと手軽に取り入れることができます。
すべての肌質に対応できる精油なので、安心してスキンケアに利用できます。

ローズウッドには体のバリア機能を高める働きがあり、免疫活性作用や強壮作用も期待できます。
抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用にも優れ、呼吸器系・婦人科系・泌尿器系の感染症にもいいといわれています。
ルームスプレーや空気清浄機にローズウッドのアロマを入れて使用すると効果的です。
また鎮痛作用もあるので、ストレス性の胃痛や頭痛を和らげる効果も期待できます。
優しい花のような香りは体の不調を整えて、気持ちも明るくしてくれるはずです。

ローズウッドの精油には特筆する禁忌はなく優しい精油ですが、原液塗布や飲用はできません。
皮膚に塗布する場合は、植物油(キャリアオイル)に希釈して使用をおすすめします。
他の精油とも相性がいいのでブレンドも楽しんでみるといいでしょう。

OTHER JOURNALSその他の記事

withコロナ 暮らしのマストアイテム

HOW TO USE

withコロナ 暮らしのマストアイテム

CHRISTMAS RECIPE② | エビとホタテの炊き込みご飯

HOW TO USE

CHRISTMAS RECIPE② | エビとホタテの炊き込みご飯

食欲の秋 シーズニングでご家庭での味付けを本格的に

HOW TO USE

食欲の秋 シーズニングでご家庭での味付けを本格的に

ACEROLA [アセロラ]

HERB

ACEROLA [アセロラ]