マルチバームの全身保湿ケアでお肌の冬支度を

日に日に寒さが深まり、冬の足音が聞こえてきました。
冬といえば乾燥の季節。お顔をはじめとして、体の外側からも内側からも、乾燥からくる悩みが一気に増えてくる時期です。

乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、細菌や外部の刺激を受け入れやすい状態にさせます。肌荒れなどのトラブルが起きやすく、紫外線の影響も受けやすくなり、シミの原因になることも。また角質層に隙間ができていることでシワの原因にもなりえます。
大切なのは、肌がもつ水分を外に逃がさず、水分と油分のバランスを崩さないことです。

バームには肌に蓋をする役目があり、肌の水分をしっかり留め、バリア機能を高めるため、冬の乾燥ケアにはぴったりのアイテムです。

ナリンのハーブオイル33+7 バームは、全身に使えるマルチバーム。
ひまし油やミツロウなどのとろけるような保湿成分でお肌を守り、ハーブオイル33+7のパワフルさがお肌を整え、肌荒れにアプローチする優れものです。
ハーブオイル33+7 バームで、悩める乾燥の季節もうるおいたっぷりのお肌を楽しみましょう!

文:スターティス 山下・田中

毎日のルーティーンにプラス、かんたんデイリーケア

<スキンケアの最後に>
いつものスキンケアが終わったら、顔全体にうすく伸ばします。バームが蓋となり、眠っている間もうるおいを逃しません。肌荒れ予防にも。

<スタイリングの仕上げに>
乾燥の影響は肌のみならず、髪の毛のパサつきも起こします。乾燥しやすい毛先やとびはねが気になる頭頂部に軽くなじませます。

おうちでスパ体験できる贅沢なスペシャルケア

<コリをほぐす保湿マッサージ>
顔にうすく伸ばし、顔の中心からこめかみに向かって軽くマッサージします。気持ちよく感じるツボは長めに押します。最後はホットタオルを顔全体に当て深呼吸。
お風呂の中で行うのも簡単でおすすめです。首コリや肩コリにお悩みの方は、首や肩までなじませてマッサージしてみてください。

<乾燥しやすい唇のリップケア>
リップは特に乾燥に悩むところ。あらめのお砂糖やお塩とバームを混ぜて、リップスクラブを。軽くマッサージして洗い流します。保湿しながら不要な角質を取り除きます。

トラブルを助ける!レスキューコスメ

<いろいろな肌トラブルに>
肌荒れやニキビ、赤ぎれに悩んだときには、部分的にバームを塗布。やけどのケアにもおすすめです。かかとやひじなどのひび割れにも。

<鼻づまりで寝づらい夜に>
寒さから体調も崩しやすい季節。鼻が詰まって寝づらい夜には、鼻周りや首元に塗布してみてください。

ハーブオイル33+7 バーム

スイスのザンクトガレン修道院秘伝のハーブレシピをベースに直接肌に塗れるアロマとして人気の『ハーブオイル33+7』。
そのハーブオイル33+7から全身に使えるマルチバームが秋冬限定で登場しました。
ひまし油、ミツロウ、カルナウバロウの保湿成分にラベンダーやユーカリ(いずれも整肌として)など40種類ものお肌をいたわるハーブ成分をたっぷりと加えました。
植物のもつパワーで乾燥や肌荒れなど、秋冬に抱えやすいお悩みを解決に導いてくれるでしょう。
デイリーケアとしてやスペシャルケアとして、さらにトラブルケアにも使えるマルチバームです。

15mL 2,900円(税込価格 3,190円)

詳細はこちら >

OTHER JOURNALSその他の記事

冬のイガイガに。乾燥からマロウが守る、のどケア

HOW TO USE

冬のイガイガに。乾燥からマロウが守る、のどケア

切り干し大根のさっぱりサラダ

RECIPE

切り干し大根のさっぱりサラダ

ROSEMARY [ローズマリー]

HERB

ROSEMARY [ローズマリー]

BERGAMOT [ベルガモット]

HERB

BERGAMOT [ベルガモット]