MARJORAM [マジョラム]

科名:シソ科
和名:茉夭刺那(マヨナラ)
香りの種類:ミドルノート
香りのイメージ:スパイシーで甘いハーブ調の香り
香りの効能:鎮静作用・加温作用・安眠作用
食用ハーブの効能:消化促進・利尿作用・食欲増進

マジョラムは地中海が原産の多年草で、草丈は30〜80cmほどになります。初夏には淡いピンクや白の小花をたくさんつけます。マジョラムには多くの種類があり、野生のマジョラムである「ワイルドマジョラム」は別名「オレガノ」と呼ばれています。
学名の「Origanum」はギリシャ語で「山の喜び」の意味があり、幸せを象徴し長寿を与えるハーブとされてきました。ギリシャ神話の愛の女神アフロディーテから香りを与えられた植物と伝えられています。毒性を持たないことでも有名で、このことから悪魔に魂を売った人はこの香りを嗅いでいられなくなるという伝説もあり、中世ヨーロッパでは魔除けになるといわれていました。古代ギリシャでは、マジョラムは他界した魂に平安をもたらすとして、お墓に植えられていたり、また純愛を象徴し、結婚した夫婦の愛と名誉を祈ってマジョラムの花で頭を飾る習慣もありました。恋愛成就のお守りとして使われてきたともいわれています。その回復作用・加温作用・リラックス作用は薬草としても重宝されてきました。

また食品や香料としても幅広く親しまれてきたマジョラム。花や葉はスープやシチューなどの煮込み料理や、チーズやソーセージなどの料理に使われます。その繊細で甘い芳香とほろ苦さはとくにトマト料理との相性がよいためイタリア料理には欠かせないハーブです。他にもハーブティーや、リキュールの香りづけにも使われています。
マジョラムには、消化促進と食欲増進の効果があるといわれています。食前や食後にハーブティーを飲むと胃腸をサポートすると同時に、体内にある毒素の排出も促してくれます。
鎮静作用にも優れており、神経を落ち着かせてくれるので、就寝前にマジョラムのハーブティーを飲めばぐっすりと眠りにつくことができるでしょう。ストレスからくる不眠に悩まされているときなどにおすすめです。

マジョラムの精油に含まれる「テルピネン-4-オール」という芳香成分は、副交感神経の強壮に効果があると知られていますが、マジョラムは他の精油に比べ20〜35%と含有量が多く、そのため気持ちを落ち着かせる作用が格段に高いです。心や体が弱ってると感じるとき、マジョラムの精油を入れたお湯で足湯をしたり、希釈したオイルで足をマッサージすると血行を促して体を芯から温めてくれます。マジョラムの温かみのある穏やかな香りは自律神経のバランスを整え、深い安らぎを与えてくれるでしょう。

さまざまな効果をもたらすマジョラムですが、使用には注意が必要です。
通経作用があるため、精油としてもスパイスとしても妊娠初期の方は使用しないでください。刺激が強いので、乳幼児の体調不良につながるリスクがあります。マジョラムには血圧を下げる作用もあるので、低血圧の方も使用はお控えください。
また香りにはリラックス効果があるため、眠気を誘うことがあります。そのため車の運転時などは使用を避けましょう。

OTHER JOURNALSその他の記事

TOMOKO (癒しのマヤ暦セラピー/薬剤師)

PEOPLE

TOMOKO (癒しのマヤ暦セラピー/薬剤師)

梅雨の時期も好きになるアロマ時間

HOW TO USE

梅雨の時期も好きになるアロマ時間

MARSH MALLOW [マーシュマロウ]

HERB

MARSH MALLOW [マーシュマロウ]

若草ナチュラル

PLACE

若草ナチュラル