JUNIPER [ジュニパー]

科名:ヒノキ科
学名:Juniperus communis
和名:セイヨウネズ・トショウ
香りの種類:ミドル〜トップノート
香りのイメージ:爽やかな樹木系の香り・ほろ苦く甘い
香りの効能:心身ともに浄化をしてくれる・精神的な疲れやストレスを癒し、リフレッシュさせてくれる

ジュニパーは、高さ10メートルを超える常緑の針葉樹です。
そのほとんどは荒野や山中に生息しています。
黄色い花を咲かせ、3年の間に実は緑・青・黒と変化をしていきます。
この実はジュニパーベリーと呼ばれ、お酒の「ジン」やリキュールの香り付けに使用されています。枝や葉は薫香やスモークとして使用されます。

北半球に広く分布しており、原産地は断定されていませんが「人が利用した中でもっとも古い植物の一つ」とも称されるほど歴史の長い植物です。
薬用としての歴史は古く、紀元前1550年頃のエジプトのパピルス文書にもいくつか書き残されています。
ジュニパーはウッディーな爽やかな香りで、その香りは精神の浄化作用を持つと考えられ、宗教儀式で焚かれていました。
西アジアでは、家に植えると魔除けになると言い伝えられてきました。
また古代ギリシャから、肉体を浄化する薬として使用されており、ペストなどの感染症が流行した中世で多用されたハーブの一つでもあります。
フランスの病院内でも病気の感染を防ぐ目的で、空気の浄化のためにジュニパーが使われていたことがあるそうです。

ジュニパーはネガティブな感情を押し流し、浄化させてくれる作用もあります。
精神的な疲れやストレスを癒し、心をリフレッシュさせてくれます。
また体を温め刺激する作用があるため、発汗作用・解毒作用・老廃物促進作用などのデトックス効果が高く、体に溜まった老廃物を外に出す働きがあります。
そのためダイエットには優れた効果が期待できます。
冷えやむくみにも効果的です。
また、腹痛・腰痛・筋肉痛・関節痛・生理痛などの鎮痛効果もあり痛みを緩和してくれます。

ジュニパーは少し刺激の強いオイルなのでキャリアオイル(スイートアーモンドオイル・グレープシードオイル・オリーブオイルなどの植物オイル)と混ぜ合わせることで、自宅で使えるオリジナルのアロママッサージオイルが作れます。
マッサージ用のオイルはエッセンシャルオイルの濃度が1%以下になるようにブレンドしましょう。
オイルを使い、リンパの流れに沿ってマッサージすることでよりデトックス効果を得ることができます。
ポイントは、優しくなでるように心臓に向かってマッサージをしていくことです。

内側からの働きかけとしては、ジュニパーティーもおすすめです。
ジュニパーペーストなど、溶かして簡単に作る商品もあるので気軽に試してみることもできます。
スッキリした香りで、他のハーブとブレンドしてもよいでしょう。
高い利尿作用もあり、胃腸の調子も整えてくれます。(摂り過ぎはお腹が緩くなりますので気を付けてください。)

デトックス効果の高いジュニパーは、とても刺激の強い植物でもあります。
用法用量を守って使用すれば問題はありませんが、妊娠中の方や胃臓疾患のある方、糖尿病の方は医師に相談をして使用するか、使用をしないことをおすすめします。

OTHER JOURNALSその他の記事

PEPPERMINT [ペパーミント]

HERB

PEPPERMINT [ペパーミント]

若草ナチュラル

PLACE

若草ナチュラル

ANISE [アニス]

HERB

ANISE [アニス]

LAVENDER [ラベンダー]

HERB

LAVENDER [ラベンダー]