IRANIRAN [イランイラン]

科名:バンレイシ科
香りの種類:ミドル~ベースノート
香りの効能:ホルモンバランス調整作用、催淫効果、鎮静作用、リラックス効果
香りのイメージ:南国を思わせるような甘く濃厚でセンシュアルな香り

イランイランは、フィリピンやマレー、セーシェル諸島、タヒチなどの熱帯気候に生息する木です。
イランイランの花は特徴的な形状をしており、美しいレモン色の花びらがクルクルと巻くように垂れ咲きます。
イランイランの名前は、原産地のフィリピン地方のタガログ語「花の中の花」という意味から名づけられ、「そよ風に揺れる花々」という語源から派生したものといわれています。

センシュアルな香りは女性がもつ本来の美しさを呼び覚ます作用があり、催淫効果もあるといわれているため、インドネシアでは古くから新婚初夜のベッドにイランイランの花を撒いておくという風習があるそうです。

イランイランの甘い香りが広がると瞬く間にエキゾチックな空間になり、リラックス効果や幸福感をもたらします。
古くからクレオパトラもイランイランの花びらを使用していたといわれ長い歴史があります。
フランスの高級ブランド「シャネル」の香水の成分にもイランイランが使われています。

イランイランの精油は水蒸気蒸留法で、約24時間かけて抽出します。抽出されたタイミングによってグレードがあり、上質なものから分けられます。
一般的に「エクストラ」「1st」「2nd」「3rd」「コンプリート」の5つに分類されることが多く、それぞれ成分や香りが異なります。(※グレード毎の香りのイメージは、本記事の最後に記載しています)

イランイラン精油(2nd、3rd)に含まれる「β-カリオフィレン」という成分は、ホルモンバランス調整作用があるため、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を高める作用が研究で確認されています。
そのため、ホルモンバランスの乱れから生じる肌荒れや更年期障害から起こる不眠症など、女性特有の症状の緩和に効果が期待できます。

また、イランイランの精油が、動脈機能の維持・改善に影響を及ぼし血圧を下げる可能性が示唆される研究結果が出ています。
具体的には、イランイランに含まれる成分を吸入することで、副交感神経が優位となり、収縮期血圧の低下が期待できるという研究内容です。
そのため、高血圧の方には好まれますが低血圧の方には心地よい香りに感じないこともあります。

イランイランは鎮静作用が期待できるため、芳香浴がおすすめです。
メンタルが弱くなってしまったときや幸福感を感じたいときは、イランイランの香りに包まれることで気持ちが落ち着きます。
不眠症に悩んでいる場合も、寝る前に芳香浴をすることで入眠しやすくなるでしょう。

香りの強いイランイラン精油は、大量に使用したり必要以上に多く使ったりすると、吐き気などの症状を起こすことがあるため、気をつけて使用しなければならない精油です。
また、妊活中や生理不順などホルモンバランスの悩みには有効な反面、妊娠中の場合は、堕胎などの危険性があります。心配な場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

<各グレード毎の精油の特徴や香りのイメージは下記の通りです>
・エクストラ:一番高級で甘く強い香り。上質な香りで香水や精油として使用される。ベースノート。
・1st:香りは、エクストラとあまり変わらない。エステル類が多く含まれている一方で、エクストラより比較的安価であることから人気が高い。ベースノート。
・2nd:エクストラ、ファーストよりも香りの質は落ちる。力強さと保留性からキャンドルやソープの原料として利用される。ミドルノート。
・3rd:一番グレードの低いイランイラン。ミドルノート。セスキテルペン炭化水素類が大半を占める。
・コンプリート:エクストラからサードまでのすべてのグレードが混ざった精油。

OTHER JOURNALSその他の記事

MANDARIN [マンダリン]

HERB

MANDARIN [マンダリン]

人気漫画家ミツコさんの愛してやまないコスメに選ばれました!

PEOPLE

人気漫画家ミツコさんの愛してやまないコスメに選ばれました!

SPEARMINT [スペアミント]

HERB

SPEARMINT [スペアミント]

SANDALWOOD [サンダルウッド]

HERB

SANDALWOOD [サンダルウッド]