HORSETAIL [ホーステール]

科名:トクサ科
和名:スギナ
香りのイメージ:緑茶のような爽やかで青々しい香り
効能:アンチエイジング効果・代謝促進作用・創傷治癒作用

ホーステールは、その名前から想像ができるように葉の形が馬の尻尾に似ています。
和名はスギナで、胞子茎は土筆(ツクシ)です。ホーステールは東アジアが原産で、北半球を中心として広範囲に分布しており、日本でも北海道から九州にかけて多く自生しています。日本人に馴染みのあるハーブのひとつです。
ホーステールは50cmほどに育ち、根の長さが2mにもなるといわれている生命力の強い多年草で、茎の先に胞子をつけるため花は咲きません。日当たりのいい道端や土手などいたるところに自生しています。栄養素が豊富に含まれているホーステールですが、その生命力から駆除することが難しいため農家泣かせの植物でもあります。
また日本ではスギナの他に「トクサ」とも呼ばれ、これは研ぐ草からきているもので含まれるケイ素(シリカ)により金属などの研磨に使われたことに由来しています。

17世紀のイギリスで、メディカルハーバリストのニコラス・カルペパーはホーステールの圧縮液を止血のために使用していたそうです。 多産や豊作をもたらす力があると信じられていたこともあり、寝室に置いてそれらを願ったそうです。

ホーステールには他のハーブにはないケイ素などのミネラルが豊富に含まれていることも特徴です。ケイ素は体内に入ると骨や軟骨の発育、コラーゲンやエラスチンなどの結合組織の強化に関与します。そのため、体の傷や傷跡の回復を助けたり、肌のシワやたるみの改善、髪・爪・歯を丈夫にする効果も期待できます。
またホーステールにはミネラルが豊富に含まれており「ミネラルの宝庫」とも呼ばれています。主成分のミネラル・アルカロイド・ケイ素には体の免疫力を高め自然治癒力を向上する働きがあります。カルシウムやマグネシウムも含まれていることから、ミネラル不足によるイライラなど、情緒の不安定さを軽減・ストレス耐性の向上に役立つ可能性もあると考えられています。
感情のバランスが崩れそうになったときや日々の健康維持のために、日常的にハーブティーを取り入れるのもおすすめです。

ホーステールは、ほんのりとした草の香りで、味は緑茶に似て癖もなく飲みやすいハーブティーです。人によっては苦味を感じることもあるので、その場合は蜂蜜やレモンを入れるとより飲みやすくなります。
自家製のホーステールティーも簡単に作ることができます。自生しているホーステールを採集し水洗い後、日干しで乾燥させます。やかんに乾燥させたホーステールと水を入れ、湯量が半分になるまで煮出せば出来上がりです。その際は農薬や除草剤がついていないか注意した上で作ってください。
インターネットでホーステールのハーブティーやスギナ茶も販売されています。

ただし、スギナ・ツクシにアレルギーのある方・微量ながらニコチンを含むため、ニコチンに過敏症の方・心臓や肝臓の機能不全の方・妊娠中の方・授乳中の方・お子さまへの使用は避けましょう。また大量摂取・長期に渡る継続利用は避けて、体調に異常を感じた場合には即ちに摂取を中断してください。

OTHER JOURNALSその他の記事

若草ナチュラル

PLACE

若草ナチュラル

CHRISTMAS RECIPE③ | かぼちゃのスープ

HOW TO USE

CHRISTMAS RECIPE③ | かぼちゃのスープ

CARDAMOM [カルダモン]

HERB

CARDAMOM [カルダモン]

ホームアロマテラピー習慣

HOW TO USE

ホームアロマテラピー習慣