HAMAMELIS [ハマメリス]

科名:マンサク科
和名:アメリカマンサク
香りのイメージ:ほのかにフローラル調を感じさせる独特で優しい香り
効能:抗炎症作用、収れん作用、創傷治癒促進作用

ハマメリスは樹高5~10mで、湿度の高い森林に分布する落葉樹です。
長さ8~12cm、幅5~8㎝広卵形の葉は季節ごとに1枚ずつ方向が異なる葉ができ、長さ約1.5㎝の細長いひもに似た形の花は、初秋から晩秋に鮮やかな黄色い花を咲かせます。

アメリカ東部やカナダ、メキシコなどを原産としているハマメリスの和名は、「アメリカマンサク」です。
日本に元々ある「万作」という木に似ていることからこの名前になったといわれています。
ハマメリスは、別名「ウィッチヘーゼル」と呼ばれることもあります。

アメリカ先住民族のインディアンは、ハマメリスを創傷や皮膚炎症の緩和などに用いていたという歴史があります。
現在、ドイツでは口腔粘膜の炎症や痔、止血などの目的で用いられています。
またフランスでは、日焼け後のケアや眼のかゆみの治療薬として利用されています。

ハマメリスの枝葉を蒸留することでできるエキスには、タンニン・サポニン・フラボノイドなどの成分を含んでいるため医学的にも注目されています。
タンニンには、高い収れん作用がありハマメリスから抽出されたエキスでつくられた「ハマメリス水」「ウィッチヘーゼルエキス」は、皮膚を保護するための製品や拭き取り化粧水、美肌ケア関連商品に使われていることが多いです。

ハマメリスやウィッチヘーゼルの精油は店頭に並ぶことがない稀少な精油とされています。
なぜならハマメリスを蒸留する目的は、精油を取るためではなく多くの場合がエキスを凝縮するためだからです。
蒸留されたエキスは、ハーブウォーターとして化粧品やトニックなどに利用されています。

精油にされにくい理由は、蒸留してもわずかしか取れないことや扱いが難しいからです。
蒸留するだけでも芳香成分が壊れてしまうことがあり、アルコールを少量混ぜ沸点を低めに設定して抽出する必要があるため手間と時間がかかります。

ハマメリス水には、天然のローションやオーガニック製品として販売されているものも多くあります。
テクスチャーがさらっとしているハマメリス水には、お好みの精油をブレンドしてオリジナルの化粧水を作るのもいいでしょう。

OTHER JOURNALSその他の記事

JUNIPER [ジュニパー]

HERB

JUNIPER [ジュニパー]

熱中症&日焼け対策にビタミンC&クエン酸たっぷりフルーツティー

HOW TO USE

熱中症&日焼け対策にビタミンC&クエン酸たっぷりフルーツティー

春の香り 新玉ねぎご飯

HOW TO USE

春の香り 新玉ねぎご飯

CUMIN [クミン]

HERB

CUMIN [クミン]