花粉対策にはハーブオイル33+7

文:スターティス 相

多くの方が花粉に悩まされる時期が近づいてきました。
鼻づまり、呼吸の乱れ、目の痒みなど、、、
今年こそは毎年悩んできた症状から解放されたい!どんな方法を試してみようかな?
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

花粉症は花粉に対する体の過剰な防御反応。
免疫維持が保てなくなり花粉などにも過敏に反応することで症状がでます。
花粉症対策はずばり「免疫力を上げること」、そして「不快症状を軽減すること」。

免疫力を上げるといっても方法はたくさんありますが、ストレスこそ一番の大敵。
ストレスは免疫力も下げてしまうので、香りでリフレッシュやリラックスをすることで
ストレスをためない身体作りを行い免疫力を高めることをおすすめします。

また、鼻づまりやくしゃみなどの不快症状ですが、副交感神経の興奮によって促進されることが多いので、アロマの作用を活用し交感神経を刺激して軽減するよう働きかけるものおすすめです。

そんな時におすすめしたいのが『ハーブオイル33+7』。
33種類のエッセンシャルオイルと7種類のハーブエキスのみでできているブレンドエッセンシャルオイル。
全部で40種類入っているので、その時に合わせて働きかけてくれるのが『ハーブオイル33+7』の良いところ。もちろん、ストレスケアや免疫に働きかけてくれたり、呼吸が楽になったと感じる植物も含まれています。

花粉ケアに『ハーブオイル33+7』。
その効果はナリンユーザーの多くがご納得していただけることでしょう。

花粉症について

その前に花粉症についておさらいを。

花粉症は、花粉が原因によるアレルギーの一種であり、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
人間の体は、異物である花粉が体内に侵入すると、それを排除しようと免疫機能が働きます。

免疫機能は、本来生体にとって有益な機能ですが、特定の物質(アレルゲン)に過敏に反応して体を苦しめる症状(アレルギー反応)を引き起こすことがあります。

その結果として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状に悩まされるのです。

kahuntaisaku_2

なぜハーブオイル33+7?

ハーブオイル33+7は花粉ケアにおすすめのペパーミント、ユーカリ、ラベンダーやカモミールをはじめ、40種類のハーブをブレンドしています。

ペパーミント
スーッとした清涼感とほのかに残る甘い香りを好きな方も多いはず。そのペパーミントに多く含まれるメントールが、花粉による苦しい鼻づまりをケアしてくれます。

ユーカリ
ユーカリも鼻づまりのケアにおすすめの香りの1つです。ユーカリに含まれる1,8-シネオールが、喉のイガイガ、鼻づまりのケアをしてくれ、すっきりとシャープな香りは、喉や鼻をつきぬけていく力強さがあります。

カモミール・ラベンダー
ラベンダーやカモミールローマンの優しい香りは目のかゆみや重い気分を解消してくれます。

自律神経の働きを整えるのも、花粉でツライ方にはとても大切なこと。香りを使ってリラックスし、呼吸を深く吸うのもおすすめです。

ハーブオイル33+7 15ml・50ml

・衣類のリネンスプレーで花粉をブロック

ハーブオイル33+7を使ってアロマスプレーを作るととても便利!リネンスプレーとしての使い方も。
ハーブオイル33+7は水溶性なのでエタノール不要。スプレーボトルと精製水があれば簡単に作れます。
服にアロマがコーティングされ、花粉をブロック。外出前や帰宅時の衣類へスプレーするだけの簡単ケア。

・アロマディフューザーによる芳香浴

入れるアロマオイルはもちろん『ハーブオイル33+7』。
抗菌・抗ウイルス作用のあるアロマの香りが部屋を包みます。
水蒸気タイプのアロマディフューザーを使えば湿度によって空気中の花粉に重みが加わり、飛散をおさえてくれます。
お部屋の花粉対策しながら『ハーブオイル33+7』のリフレッシュ系の香りが広がり、1日の疲れを癒してくれることでしょう。

・ホットタオルでアイマスク&首ケア

テレワークなどで疲れた目と首をアロマ香るホットタオルで温めるだけでも疲労感に変化が。鼻呼吸は首の後ろの筋肉も使うため、温めることで息苦しさの緩和にもなります。
また、痒みがある場合は冷水で同じように『ハーブオイル33+7』を入れて絞ったタオルを目の上に冷湿布するのもおすすめです。

使い方はとても簡単。
洗面器などの桶にお湯を張り、『ハーブオイル33+7』を2~3滴落とし軽く混ぜます。
ハンドタオルをお湯につけ、絞ったら目の上や首の後ろに当てます。
(タオルが冷えた場合、濡れたタオルを少し電子レンジで温めて温湿布もおすすめ)

ハーブオイル33+7 15ml

スイスの修道院に中世から伝わるハーブレシピをベースに、33種類の精油と7種類のハーブエキスを配合。肌に直接塗ることができ、不調な部分などセルフケアアロマとしてや香りによる気分転換にもお使いいただけます。

詳しくはこちら >

ハーブオイル33+7 50ml

スイスの修道院に中世から伝わるハーブレシピをベースに、33種類の精油と7種類のハーブエキスを配合。 持ち運びに便利な小分けボトル(10ml)を1本プレゼント。

詳しくはこちら >

ハーブオイル33+7 ロールオン

・鼻詰まりや息苦しさに

鼻詰まりや息苦しさがあるときはハーブオイル33+7 ロールオンがおすすめ。
ロールオンタイプは植物油に希釈されているので伸びがよくマッサージ向き。
鼻の脇にロールオンをコロコロ転がし、その後、上下に指を動かし鼻の脇をマッサージしたり軽く指圧します。眉の内側にある攅竹(さんちく)というツボを押すのもおすすめ。
スーッとした香りとマッサージの相乗効果で鼻通りをよくしてくれます。

・マスクをしているときに

マスクをしているときは、鼻の下や鼻の脇にロールオンをコロコロ。
スーッとする香りが息苦しさの緩和につながります。

ハーブオイル33+7 ロールオン

ナリンの人気シリーズ『ハーブオイル33+7』に サンフラワーオイルを加え保湿効果をプラス。 ポケットに収まるほどコンパクトながらもしっかり使える10mlサイズ。 外出先で気軽にアロマを楽しみたいときに。ギフトにもぴったりです。

詳しくはこちら >

ハーブオイル33+7 シャンプー&コンディショナー

・スカルプケアに

花粉は髪や頭皮にも付着し痒みを誘発します。そんなときにはスカルプケアを兼ねて爽快感が気持ちをスッキリさせてくれるハーブオイル33+7 シャンプー&コンディショナーがおすすめ。
ノンシリコンタイプのシャンプー&コンディショナーなので直接地肌につけることができます。それぞれ2-3分置いて、頭皮マッサージをしながら流すと、皮脂の汚れと一緒に花粉もきれいに洗い流してくれます。花粉の時期は頭も痛くなったり、ボーっとしてしまう事も多いので頭皮マッサージで気分転換にもつながります。
普段お使いのシャンプーと併用してもOK。

ハーブオイル33+7 シャンプー&コンディショナー

40種類ものアロマが凝縮された『ハーブオイル33+7』の スカルプケアに特化したノンシリコンシャンプー&コンディショナー。

詳しくはこちら >

ハーブオイル33+7 ボディミスト

・マスクスプレーとして

肌に直接つけるボディーミストなので、マスクに直接スプレーしてもOK。爽快感のある香りが呼吸を楽にしてくれます。ウイルス対策にもなる為、風邪が流行時期にも合わせておすすめです。

・手指消毒として

花粉は肌から洋服からどんなところにもくっつきます。手は、目やお顔など触ることも多い為、手指消毒の代わりとして使うのもおすすめです。アロマやハーブは、常在菌はそのままに、ウイルスや菌に働きかけてくれるので免疫力を落とさずセルフケアできます。

ハーブオイル33+7 ボディミスト

『ハーブオイル33+7』から爽快感たっぷりなボディミストが登場。 スッキリとした香りが仕事や気持ちの切り替えにぴったり。 肌を活性して整える作用が加わり、肌や髪の乾燥が気になるときの保湿ケアにもおすすめです。アルコールも配合されており、手指消毒やマスクスプレーとしてもお使いいただけます。

詳しくはこちら >

OTHER JOURNALSその他の記事

CHRISTMAS RECIPE③ | かぼちゃのスープ

HOW TO USE

CHRISTMAS RECIPE③ | かぼちゃのスープ

CHRISTMAS RECIPE④ | 野菜のリースディップサラダ

HOW TO USE

CHRISTMAS RECIPE④ | 野菜のリースディップサラダ

ROSEMARY [ローズマリー]

HERB

ROSEMARY [ローズマリー]

風邪・インフルエンザ対策

HERBHOW TO USE

風邪・インフルエンザ対策